デメリットを把握しよう

金利が高く設定される

ノンバンクの資金の出所は、最終的に銀行です。
ですからノンバンク側が利益を出すためには、銀行より高い金利を設定しなければいけません。
さらにノンバンクは、保証会社を利用できない決まりになっています。
そこで資金を貸したまま戻ってこないというリスクを避けるために、金利を高く設定しているようです。

このように銀行より金利が高いという注意点があるので、ノンバンクを頻繁に利用するのはおすすめできません。
利用する際は、必要な資金額を見極めてください。
少しだけなら金利が高くても、スムーズに返済できると思います。
また借りる金額が高くなると審査が難しくなるので、そのことからも少ない金額を指定した方が良いと言われています。

計画書を作成しておこう

返済計画書を作成し、その通りに返済を進めてください。
毎月このぐらい返済すると、細かい計画を立てることが重要です。
するといつ頃に返済が終わるのかわかりますし、返済計画書を審査の際に見せることで、計画性があることをアピールできます。
しかし、確実に無理がある計画は立てないように注意しましょう。

500万円近い金額を借りた時に、数か月で返済するのは無理です。
そのような返済計画書を見せると、逆に計画性がない適当な人物だと思われる可能性があります。
新しい事業を進めた時に毎月得られる収入も考慮して、毎月何万円ぐらい返済に回せば良いのか見極めましょう。
たくさんノンバンクを使っても、滞りなく返済できれば大丈夫です。


このPostをシェアする