信頼された人だけが利用可能

審査を落とされないように

ただ資金を借りたいとノンバンクに申請しても、受理されません。
本当に資金を貸しても良い人物なのか、審査が行われます。
その時に例え成人でも安定した収入がないことが判明したら、審査を落とされると覚えておきましょう。
ですから専業主婦や働いていない人は、ノンバンクを使えません。

つまりノンバンクを利用したいけれど仕事をしていない人は、まず仕事を探すところから始めなければいけません。
また未成年は、どんな事情があってもノンバンクを利用できないことも重要な部分です。
このようにノンバンクを利用できる人は、条件が決められています。
資金調達が必要になったらノンバンクに相談する方法も含めて、どの方法が最も効率が良いのか考えましょう。

事業内容を説明する

申請する時に、事業計画書を提出します。
この時に書類に問題があったり、何をしているのかよくわからない会社だと思われたりすると、審査を落とされるので気を付けてください。
そのため資金を得るためには、丁寧に書類を作成することがコツです。
これから始めたい事業内容だけでなく、今まで行っていた事業やその結果を説明しましょう。

いくつかの事業を成功させている実績があるなら、ノンバンクから信頼されやすいです。
さらに申請する時は決算書も出し、安定した収入があることをアピールします。
複数の書類を作成しなければいけないので、準備に時間が掛かるかもしれません。
早い段階で書類を作成し、提出する前に不備がないかもう1度確認しましょう。


このPostをシェアする